小説カテゴリー: 小説Page 3 of 64

海の底のネプチューン

「新海せんせー」 「何?」 「今度ー、友達と合コンするん…

4

隣のヴェスタ 5

ぱち、と目を開けた白石は、背後から聞こえる寝息をしばらく…

3

隣のヴェスタ 4

携帯が鳴っている。 反射的にいつもよりも早く手を伸ばして…

2

隣のヴェスタ 3

今年は雪が少ない、といっていたが車が走り出してすぐ、北海…

2

隣のヴェスタ 2

国内線。しかも、札幌行きは便数も多いわけだが、自宅から羽…

2

隣のヴェスタ 1

「じゃあ、それでお願い」 「わかりました」 「あといいか…

3

FLEX175~小さな花を買って

「さて」 「はい」 12月25日。 空井家のリビング。 …

0

FLEX174~今年の厄落とし

テレビ局の仕事納めなどあってないようなものだが、一応は世…

0

暴君の支配のもとで 3

打ち合わせを終えて、帝都を後にした大祐は、敷地を出るまで…

0

暴君の支配のもとで 2

あまり寝てないので。 そんな風に言われると、どうしていい…

0