小説カテゴリー: 小説Page 2 of 64

すべては誰かの掌の上で 7

ほかの医局はもっと人も多く、広いのかもしれないが、救命の…

0

すべては誰かの掌の上で 6

救命センターの中に走りこむと森本が電話をとっている。 「…

0

すべては誰かの掌の上で 5

* * * いつの間にか『真田式』と名前が付けられたらし…

0

すべては誰かの掌の上で 4

藍沢にしては困った、という素直な言葉に緋山と藤川の異様な…

0

すべては誰かの掌の上で 3

守備範囲外の話題には、普段の反応速度が極端に鈍くなる藍沢…

0

すべては誰かの掌の上で 2

並んで別のカルテを開いた藤川はまだ天井を見上げている先ほ…

0

すべては誰かの掌の上で 1

月曜日の午後二時過ぎ。 その日はいつになく静かだった。 …

0

踏み込む先はエメラルド・グリーン

藍沢の仕事は、札幌に来てから余計に、極端な日が増えた。立…

3

Walnutのつどい

「ねぇ。なんでうちなの」 髪をしばって、腕まくりをした状…

3

硬質のダンデライオン

「コーサク!」 「ラナ」 「ねぇ。食事、どう?もう終わり…

3