暴君の支配のもとで 3

打ち合わせを終えて、帝都を後にした大祐は、敷地を出るまでは全力で笑顔を保っていたが、比嘉がその後ろをついて歩いていくと、ぴたりと足を止めた。 危うくぶつかりそうになった比嘉が足元を見ると確かに一歩、歩道に踏み出している。 […]

0

明日のglycine

脳外のコンサルを終えて新海が処置室を出るところで白石に追いついた。 「白石先生」 「新海先生。ありがとうございました」 「いえ。助かってよかったですね」 「おかげ様です」 ほっと一息というところで白石の顔には笑みが浮かぶ […]

1